グルメ
中国(上海・北京)生活情報満載!!
Contents / Contents / Gourmet / MONTHLY SPECIAL LUNCH
  燦鳥 Restaurant Suntory うなぎせいろ蒸し御膳 140元/人(8品)  
 
 
▲自然光がたっぷり注ぎ込む明るい店内。テー ブル席のほか、広々としたカウンター席や絶景 を堪能でできる個室もある。

地上200mからの絶景が望めるこの料理店を、浅野さんは大切なお客様のおもてなしに利用することが多いそう。「経験豊かな 日本料理のプロが提供する手間ひまかけた本格和食を、上海の街並みを 見下ろしながら味わうなんて、とても贅沢だと思いませんか。それに、初めて上海にいらっしゃったお客様には、“あちらの建物は○○で...” と食事をしながら街を案内すること ができるので会話が弾むんです。」
目と舌で季節の移ろいを感じることができる日本料理を味わう時間は、毎日をあわただしく過ごす駐在員にとって、まさに心休まるひとときだ。「 5月にここを訪れた際、料理にさりげなく柏餅が添えられていて、忘れがちな日本の四季を思い出させてくれる心配りに感動しました」。異国で生活をしているからこそ感じたい、日本の四季。70種以上あるランチメニューのなかでも、日に日に暑くなるこの時期にオーダーが増える一品がある。栄養満点の「うなぎのせいろ蒸し」だ。料理人が丁寧に焼き上げた上質の天然ウナギ は、とろけるように柔らかくジューシー。ちりばめられた錦糸玉子の下 から顔をのぞかせる特製のタレがしっかり染み込み、ふっくら蒸しあがったご飯との相性も抜群だ。  
今年の土用の丑の日は7月30日。遠い異国の地から日本の風情を感じつつ、スタミナ満点のウナギを食べて、これからさらに本格的になる上海の暑い夏を乗り切ろう。

▲小鉢・刺身・せいろご飯・小うどん・一品料理・無農薬有機野菜サラダ・漬物・フルーツがセット。
鶏親子や紅鮭など、せいろ蒸しは全6種から選べる。

▲冷やしぶっかけうどん 80元など、さっぱりとした夏メニューも続々と新登場! ▲上海市内を一望できる窓際の席が昼夜ともに人気。陽の傾きで様々な表情を見ることができる。
 
 

 

 
【おすすめする人】 浅野雅仁さん 会社員

「普段使いできるリーズナブルなものから、おもてなし用の会席料理まで、幅広くメニューが選べるので様々なシーンで利用することができます。夜は黄浦江の向こうの外灘と上海市内の夜景を見ることができます。昼とはまた違った雰囲気が楽しめますよ」と、常連らしいさすがのコメントだ。

読者レポーター募集中!
お申し込みはroot@shwalker.com まで

  燦鳥 Restaurant Suntory
  住所 :   陸家嘴環路1000号 豊大厦46F
  電話 :   6841-2219、6841-3300
  営業 :   11:30〜14:00(L.O.) ※月〜土のみ
  17:30〜21:30(L.O.)
     ランチ60元〜 昼御膳80元〜 昼会席250元〜