グルメ
中国(上海・北京)生活情報満載!!
Contents / Contents / Gourmet / MONTHLY SPECIAL LUNCH
  Visus Giromondo ランチセット 158元/人(4品)  
 
 
▲ガラスの天井と窓からの日差しが店内に明るいイメージを与えている。自然の風合いを残した木の色とクリスタルのすだれがオシャレ、グラマラスの森田恭通さんの上海初プロジェクトだ。

「またひとつ、 黄浦江の見える良い場所ができましたねー」。Guliaさんがここに来て口にしたのはそんな一言。バンドは20世紀の上海を代表する場所だが、今まさに上海の新しいムーブメントを生み出している場所でもある。そこに登場したVisusがまた新たな話題を上海にもたらした。オープンセレモニーのゲストに呼ばれたのは男性ヴォーカルグループのAll-4-one。浜崎あゆみも上海滞在期間に2度こちらを訪れたという。「上海初の正統派イタ リアンレストラン」というキャッチフレーズも流行に敏感な人々に注目されている。  
「自然な木の色と透明なクリスタルのすだれを用いてちょっと珍しい感じ。窓は昔のままの特殊な形を残していて、とても素敵です」。 バンド通の彼女は、レストランの内装が気になるようだ。アペリティフも彼女を感動させた。「ツナがとても柔らかくて、故郷の地中海のそばの海鮮市場を思い出しました。あっさりしたマヨネーズも夏にピッタリだし、次のパスタ も拍手ものですね。 こういうアルデンテのパスタが好きなの。ソースもシーフードたっぷりで最高。メインの鴨の胸肉はワインソースだからちょっと重い感じだけど、付け合わせの緑に染めたドイツパスタシュペッツレの柔らかなクリームチーズ味と合っていますね」。  
デザートも料理同様日本人パティ シエによる4種類の盛り合せ。冷たさと暖かさが同居して、異なる味わいをもたらしている。「お隣のバーINDIGOも夜は魅惑的だし、また是非来たいです」。 確かに本当のバンド通のようだ。

▲Baked Tuna In Avocado Salad with Mayonnaise Sauce。
食材の鮮度は一目瞭然。日系野菜会社から仕入れしたミニ野菜もかわいい。

▲一足先に6月の新しいメニューを試食させてもらった。アンチョビ風味の鴨胸肉のソテーに赤ワインソース。「後ろのシュペッツレは、いつも 味が濃くて苦手でしたが、これはまろやかでとてもあっさり した感じ」。 ▲Linguine With Snapper and Kanton Vegetable。
イタリ アンはやっぱりパスタ! 取材班全員が納得の一品だ。
 
 

 

 
【おすすめする人】 Gulia Aliaga さん 
IVEX 上海オフィスマーケティングアナリス ト&プロモーションアクティビティ

「オフィスが外灘12号にあるからこの辺のことはよく知っています。仕事のお陰で、3号も5号も18号もここの2階のSUN WITH AQUAも全部チェック済み。それぞれにスタイリッシュで、昼と夜のフィーリングもまったく違っていて本当におもしろいですね!」今週末にはスペインに帰国予定だというのに、少しも帰る気分ではないようだ。

読者レポーター募集中!
お申し込みはroot@shwalker.com まで

  Visus Giromondo
  住所 :   中山東一路6号4階 
  電話 :   6321-5398
  営業 :   10:30〜22:30
     ランチコース 118元 (3品)、158元 (4品) 
  ランチピザセット98元(サラダ+ ピザ) 
  ディナーコース 468元〜+15%