グルメ
中国最新情報満載!!
Contents / Contents / Gourmet / MONTHLY SPECIAL LUNCH
  寿司昼御膳 180元+15%サービス料  
   山里  
 

 
寿司御膳はランチだけだが夜には寿司会席(580元)があり、お昼も夜も絶品のお寿司が楽しめる。
にぎりのネタは仕入れにより毎日異なる。この日の8貫はマグロ赤身、ヒラメ、鮭の卯の花のせ、蝦蛄、車エビ、穴子、鯛の松皮造、そして紋甲イカ。
  大理石の寿司カウンターに座り、親方と話をしながらいただくのが寿司の醍醐味。テーブル席はガラスで仕切られプライベート感が高い空間だ。

5月初旬に全面改装を終えた山里に新しいランチが登場した。早速その新メニュー、寿司昼御膳に舌鼓を打ったのは家族そろって魚好きという鮎沢さん。
「鎌倉や新潟、金沢などに暮らしたことがあるので魚介類には目がないのですが、このお寿司、本当においしいですねぇ」と、寿司カウンター新設にあたってオークラ神戸から赴任した、寿司職人として40年の経歴を持つ矢野・寿司料理長のにぎりを絶賛。「この茶碗蒸しもおいしそうだなあ」と手を伸ばした器には、カニやエビの具に柚子の千切りが爽やかさを添える箸休めの一品が。ここでは脇役に見えてしまう太巻きも「買って帰りたい」ほどの美味だ。妥協を許さない職人気質の仕入れと技による8貫のにぎりに太巻き、茶碗蒸し、味噌汁、先付け、果物の御膳は、清楚な見た目によらず男性でも満足できるボリュームだ。それをいただくのは、白木や竹をふんだんに使った和の中に大胆にガラスを融合させたモダンな空間。背の高い人ならちょっと頭を下げなくてはらない伝統的な数奇屋門 をくぐれば、落ち着いたお座敷に斬新なガラス製の柱と床の間のある個室も。
リニューアルで女将も加わり、日本人スタッフが4名になった新生山里を、鮎沢さんはすっかり気に入ったようだ。次回はぜひ、ご家族と一緒にいかがですか?
 
 
【おすすめの人】  鮎沢雄一郎さん 富士ゼロックス
初めて訪れた上海に惹かれ、自ら希望して赴任となった鮎沢さん。仕事では国際マーケティングを担当し、上海生活は間もなく3年目。時間が許せば県人会やOB会等のサークルに積極的に参加して、人との交流を大切にしているそう。もちろん奥さまと2人の子供さんへの家族サービスも忘れない、満点パパだ。

  お店データ
  住  所 :   茂名南路58号オークラガーデンホテル上海2階
  電  話 :   6415-1111×5216
    営業:   6:30〜9:30、11:30〜14:30、
  17:30〜22:30